読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すりゴマ・ドットコム

No Google, No Life. ITに絡むことすべてを話題にします。あ、自転車と読書についてもたまにね。

Macに変えたらマジ捗る!Windows歴15年の僕がWindowsに戻れないワケ

今日もいい感じでground sesameです。ガンガンすり潰していきますね。

f:id:ground_sesame:20130927193008p:plain
アップル MacBook Air


Mac

Windows


すりゴマは、どちらもそれぞれに役割があると思っています。

男と女の関係のように。

どちらが良いとか、どちらが悪いとかいう話ではないと。


すりゴマはかれこれ15年以上もWindowsと付き合ってきました。

で、2年くらい前にブログを真剣にやろうと思って、持ち運べるノートPCとしてMacBook Airを購入したんです。

それがMacとの出会いでした。

そんな僕がもうWindowsに戻れないワケとは・・・


WindowsからMacに変えたときのショック・・・

今でも覚えていますよ。
Macに変えた当初、めっちゃ使いにくかったですもんw

Windowsにどっぷり使っていましたし、しかもマウスではなくキーボードショートカット派だったので、なおさらMacのキー配列の違いに戸惑ったわけです。。。

commandキーって何?

でもって、commandって一番端がいいんじゃない?

同じChromeでもショートカット違うって!?どないなってるっちゅうねん!!

こんな感じで毎日テンパってましたわwww


Office for Macも入れてるんですが、ショートカットキーの違いは本当に悪夢でしたね。

初めのころはデスクにカンペ貼ってましたもんね(笑)


最初の戸惑いを補って余りあるMacの使いやすさ

キーボードやショートカットキーの違いは覚えてきたらそれで解決するのですが、ハードウェア的な部分はいかんともしがたく・・・

自宅の母艦となっているWindowsの方は、「東プレ リアルフォース」というキーボードを使用しており、MBAのうすーいパンタグラフ方式とは全く異なります。

さっきも言いましたが、MBAを買った理由は、PC持ち歩いてブログを頻繁に更新するためです。

なので、ブログの方が圧倒的にキーボードを打つ頻度は多いわけですね。

当然すぐにMBAのショートストロークのキーボードの方に慣れてしまいまして。。。


今では、2万円もしたそのキーボードが寂しそうにすりゴマを見つめています。
ごめんよ、リアルフォース・・・

「慣れ」を抜きでみれば、キーボードは絶対にリアルフォースの方が打ちやすいんですけどね・・・


Macには、そうしたハード面の優位性を諦めても使いたい、ブロガー的にヒジョーに魅力的な機能があるんです!!


Macの「スペースキー」は魔法のキー

そうなんです。

Macは「スペースキー」がスゴいんです!!

Finder(WindowsでいうExplorer)で、ファイルを選択した状態でスペースキーを押すと・・・
f:id:ground_sesame:20130927201115p:plain
(Finderでdropboxの写真を選択したときのスクリーンショット)

そのファイルのプレビューが、パッと表示されるんです!!

これは様々な場面で活躍します。


例えば、ブログは写真や画像を差し込むことが多いですよね。

その写真や画像を選択する場合、ファイル名だけではどれが目的の画像がわかりません。

そんなときにポンとスペースキーを押せば、パッとプレビューが確認できるので、簡単に選択できます!


いやぁ、昔は画像あまり入れてなかったんですが、最近は意識して画像入れてますので、これがないとヒジョーに困ります。。。

ベテランMacユーザーからすれば当たり前の機能でしょうが、このMacの「Quicklook」はWindowsユーザー垂涎の機能です。


Macは「スペースキー+commandキー」がスゴいんです!!

スペースキー+commandキーで、「串刺し検索」が出来るんです!!

これが「Spotlight」という機能です。

しかも、検索する対象、つまり対象ファイルの種類や除外フォルダの設定など、自分の使い方にあわせてカスタマイズが可能なんです!

ハッキリ言って、すりゴマは、QuicklookとSpotlightのためにMacを使っていると言っても華厳の滝ではナイヤガラの滝www
(「過言ではない」の別表現)

このSpotlightと「あるモノ」を組み合わせた、これまた超絶便利な使い方をすりゴマは編み出したんですが、それはまたの機会にご紹介しましょう。



それでは今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。