読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すりゴマ・ドットコム

No Google, No Life. ITに絡むことすべてを話題にします。あ、自転車と読書についてもたまにね。

Macブロガーなら入れておいて損のない画像編集アプリ【Monosnap】をSkitchと比較する

Mac アプリ

すりゴマです。
今日もいい感じにすり潰していきますね。

http://www.flickr.com/photos/99058495@N00/3348647713
photo by Oneras


アプリの解説は今回も含めて動画中心でやっていこうと思っているすりゴマですが、それでも動画オンリーでの解説は、動画の編集も含めてハードルが高いので、文章とあわせてスクリーンショットでの解説も必要です。

ということで、今回は、Skitchに代わってスタメンになっているスクリーンショットの編集アプリ、「Monosnap」をご紹介してみたいと思います!

まずは実際の動作の感じを動画で

アノテーションをオンにして閲覧ください。
(BGM音が出ます)

[Macアプリ] monosnapを使ってみた - YouTube


いかがだったでしょうか?

操作もUIも、そのシンプルさに好感が持てました。
(・∀・)

Skitchとの違いは?

ということで、これまでSkitchを使っていたすりゴマの主観になりますが、違いをピックアップして比較してみます。

monosnap Skitch
モザイクエリアの移動/編集 可能 不可
テキストのインライン入力 不可 可能
別なアプリへの画像引渡し 可能 不可
画像ファイルからの編集 不可 可能
編集中のファイルの保存 不可 可能
動画キャプチャ 可能 不可
キャプチャ動画へのリアルタイム注釈機能 可能

すりゴマの使い方的には、モザイクをかけた後、そのエリアが移動出来たり編集出来るところに使い勝手の良さを感じています。

マイナス点としては、PDFやJPEGを直接渡して編集出来ないことと、日本語テキストがインライン入力にならない点ですかね。

動画キャプチャのリアルタイム注釈機能はいいかも!

キャプチャ動画を録画しながらリアルタイムで矢印を表示したり、四角で囲んだり、線を引いたり出来るってのは、画期的だと思います!
(・∀・)

失敗したら録画し直しなので、一発勝負的な操作が求められますが。。

それとビットレートが約1Mbps固定で選べなくて、映像が粗いのがちょっと残念。

Quicktimeの動画キャプチャが6Mbpsなので、それを見た後では、ショボく見えてしまいます。。。
(´・ω・`)

今後のアップデートでの改良に期待したいですね。

Skitchとの使い分け

結論としては、

「しっかり編集したい」そして「動画キャプチャを使わない」という方であれば、Skitchの方がいいと思います。

一時は非常に重くて使いにくかったものの、最近はアップデートを重ねてだいぶ使いやすくなりましたし、編集中のファイルも残せますからね。
(・∀・)


反対に、「画像キャプチャをショートカットキーから範囲を選択してサクッと編集したい」あるいは「動画キャプチャも手軽に作りたい」という方であれば、Monosnapがオススメですね。

また、Monosnapで編集等はしないで「キャプチャアプリ」としてだけ使うのもアリだと思います!


とりあえず無料アプリなので、Macブロガーの方は比較する意味でも、一度インストールしてみることをオススメします。

Monosnap
Monosnap (無料)
(2014.01.19時点)
posted with ポチレバ




今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お時間がよろしければ、他の記事も読んでいってください。
ヽ(´ー`)ノ