読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すりゴマ・ドットコム

No Google, No Life. ITに絡むことすべてを話題にします。あ、自転車と読書についてもたまにね。

スマホのロードバイク用ハンドルバーマウントは「絶対に落ちない」SONY SPA-HB10がファイナルアンサー!

すりゴマです。
今日もいい感じにすり潰していきますね。

http://cdn.cyclist.sanspo.com/photos/2013/04/onroad.jpg

ロードバイクのサイクルコンピューターをスマホにしてから、かれこれ5年くらいになります。

T-01Aから始まり、SC-02BからSC-02C、SC-06D、SO-02E、SO-01F 、SO-03Fでなんと7台目ですよ。

T-01Aの当時から、スマホをロードバイクにどうやって固定するかは、ずっと悩みのタネでした。


そんなすりゴマは、これまで2度ほど走行中にスマホを落としたことがあります。

原因は2度ともスマホのホルダーでした。


ということで、すりゴマがたどり着いた、ロードバイクのハンドルバーマウントの「ファイナルアンサー」を語ります!

ホルダーは絶対に外れないが・・・

T-01Aのときに使っていたホルダー(マウント)は、海外製でハンドルバーにガッチリ固定され、絶対に外れないような強烈な商品でした。

スマホの裏面に直接、強力両面テープで貼り付けるという「超」原始的なものです!
(今考えればありえないw)

T-01Aをご存じない方も多いと思いますが、T-01Aは、裏ブタが取り外し可能なタイプの端末です。

しかしスマホの裏面に直接マウントを貼り付けたら、普段困りますねw

ということで、ロードバイクへの固定用に、オプションで、裏蓋をもう1枚買い増したわけですw


ホルダーと端末裏面を両面テープで強固に貼り付けていて、絶対にはがれないようなとても安心感のあるものでしたが・・・


とある日、走行中に段差の衝撃でなんとスマホの「裏蓋自体」が外れてしまい、悲惨な結果に。。。
OTL


この失敗から、「ホルダーがハンドルバーに強固に固定されていても、端末自体が外れてしまっては意味がない」ということを学びました。

スマホが包まれているという安心

学習したすりゴマは、裏蓋固定タイプは止めました。

スマホごと包み込むタイプのホルダーを探します。

これです。

過去のエントリーでも紹介しましたね。


快適な使用感のために、ある程度のカスタマイズは必要でしたが、スマホごと包み込むというコンセプトは達成され、「一定の」安心感を手に入れることができました。


しかし。。。


その改造のために、ラチェット式の固定が弱くなってしまい、ある日、

走行中に端末が落下!!!


ストラップをしていたため、事なきを得ましたが、もう怖くて怖くて、精神衛生上、もはやこのホルダーを使うことは出来なくなりました。。。
OTL

万が一のためのストラップ

ストラップで一命を取りとめたすりゴマでしたが、やはり、スピードはもちろん、ケイデンス、自位置を確認しながら走りたいもの。


そこで、これですよ。


何を隠そう、このホルダーは、「スマホが収納できれば」最高の商品です。
(*´∀`*)

サイズの関係でZ、Z1が入りきらずお蔵入りしていたわけですが、このホルダーに「魔改造」を施し、復活させました!


ホルダー自体にもストラップが付いているので、絶対にスマホが落ちることはありません!!!
(・∀・)

魔改造の解説w

簡単ですが、一応自己責任でw


こんな感じで、元のフラップをためらうこと無く、取り外しますw
f:id:ground_sesame:20150308182545j:plain


ベルクロと帯布を使って新たに固定用のフラップをつくります。
f:id:ground_sesame:20150308182615j:plain


ベルクロと帯布ですが、すりゴマは御徒町のユザワヤに行って、探すのに15分もかかりましたので、楽したい人はAmazonとかで買ってくださいw

スマホを入れるとこんな感じです。

f:id:ground_sesame:20150308183744j:plain



これで、どんなサイズのスマホでもOK!
(・∀・)

もちろんファブレットは入らないと思いますが、スマホであれば、ほぼ問題ないでしょう!


数ヶ月使っていますが、快適です!

Xperia Z2の場合、手袋モードもあるので、非常に快適に使えています。
\(^o^)/

ロードバイクのスマホホルダーは、ちょっとの一工夫で、こんなに安心なアイテムに変わります!

SONYさん、今の5インチ以上のスマホに対応したハンドルバーマウントを作ってください。
(人∀・)



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お時間がよろしければ、他の記事も読んでいってください。
ヽ(´ー`)ノ