読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すりゴマ・ドットコム

No Google, No Life. ITに絡むことすべてを話題にします。あ、自転車と読書についてもたまにね。

見られてるのはやっぱりイヤ。ターゲティング広告を根こそぎオプトアウトして気分よくWEBブラウジング(・∀・)

すりゴマです。
今日もいい感じにすり潰していきますね。

f:id:ground_sesame:20160326150813p:plain


最近どこもかしこもターゲティング広告ですね。

検索した商品の広告が出てきたり、閲覧したものがバナーでバン!って出てくるとやっぱり


監視されてる!


って感じで、いい気はしませんね。。
(´・ω・`)


ということで、最近は一括(一部を除く)でオプトアウトしてくれるサイトもあるので、それらを上手に使って根こそぎオプトアウトしてみました!

ちょっと長いですが、その方法と結果をエントリーしてみます。


ターゲティング広告設定に使われるCookieとは

まず、ターゲティング広告を可能にしている動作原理の根本になっている「Cookie(クッキー)」については、こちらをどうぞ。


Cookie - インターネット用語辞典 - | OCN


広告業者は、知らぬ間にあなたのブラウザのCookieIDを読み、そのIDに紐付けて様々な情報を吸い上げ、興味関心情報を収集、管理しているわけです。

ということは、ブラウザの設定画面でCookieをすべて削除してCookieをオフにすれば簡単に済むわけですが。。


Cookieは、様々なサイトのログイン情報なども記録しているので、快適にブラウジングをする上でめっちゃ重要です。。。
(´・ω・`)


なので、広告業者に収集されたCookie情報だけを削除(オプトアウト)する必要があるわけです。
orz

一括でオプトアウトしてくれるサイト

結論から言いますと、すべての広告業者のストーカー行為から逃れることは出来ません

その辺は、ITから得られる利便性とのバランスですので、潔癖症にならない方がいいでしょう。


ただ数多くあるネット広告業者を一つ一つオプトアウトしていたのでは日が暮れてしまいますので、まずはザクっとまとめてオプトアウトしましょう。


業者をザクっとまとめてオプトアウトしてくれるサイトがあります。

※ AdBlock系の拡張はオフにして作業してください。

国内

www.ddai.info

ターゲティングステータスが「無効」になっていない業者にチェックを入れ、オプトアウトボタンを押せばOK。

海外

Opt Out From Online Behavioral Advertising By Participating Companies (BETA)

YourOnlineChoices.eu - Your ad choices


それぞれ、「一括オプトアウトボタン」みたいのがありますので、それをクリックすればOK。

結構時間がかかります。
(サイトが落ちたこともありました)


ただ、これですべての広告業者からオプトアウト出来ることは稀で、ステータスが有効になったままのク◯業者が残っているでしょう。

f:id:ground_sesame:20160326142046p:plain

f:id:ground_sesame:20160326142057p:plain


以前と比べれば、この段階で結構な数の「ストーカー」が減りましたが、それでもあなたの気が済まなければ、次のステップへ(笑)。


個別のオプトアウトです。

個別のオプトアウト作業

一つ例をあげます。

f:id:ground_sesame:20160326141056p:plain


こんな感じで無効化されていないストーカーが残っています。

企業名をクリックするとHPに飛びますので、オプトアウトページを見つけ出し、オプトアウトするだけです。


f:id:ground_sesame:20160326141513p:plain

f:id:ground_sesame:20160326141523p:plain

f:id:ground_sesame:20160326142203p:plain



ふぅ(^_^;)


あと一息です。

中ボス、ラスボスが待っています(笑)


Yahooアカウントとの連携広告の無効化

btoptout.yahoo.co.jp

こちらはYahooにログインした状態で無効化するのを忘れずに。


Amazonのヘビーユーザーはこちらも

Amazon.co.jp 広告表示の設定

Amazonは一旦オフにすれば、「知らぬ間にオプトイン」ということがないので比較的良心的。


楽天のしつこいターゲティング広告から逃れよ!

grp12.ias.rakuten.co.jp

まぁ、楽天は何か買ったりクリックしたりすると、知らぬ間にオプトインさせられています(悪徳)ので、楽天でよく買い物する人はイタチごっこですが(笑)。

Googleアカウントとの連携広告の無効化

ラストの大ボスです(笑)。

ググる先生に1日何十回もお世話になっているすりゴマの興味関心情報を一番知っているのは、間違いなくGoogleですからね。
(^_^;)


www.google.com


ここもGoogleアカウントにログインした状態で設定するのを忘れずに。

Android端末も忘れずに

GalaxyS6 Edgeが6.0になってから「Google設定アプリ」がなくなって、設定を探しだすのに苦労しました(^_^;)

以下をたどってください。

f:id:ground_sesame:20160326150349j:plain

f:id:ground_sesame:20160326150453j:plain

f:id:ground_sesame:20160326150504j:plain

ここで「インタレストベース広告をオプトアウト」をオンにすればOK。
(・∀・)



これでおおよそのCookieの削除は出来たでしょう!
\(^o^)/

あらたなストーカーに付きまとわれないために

ネットを普通に使っていれば、楽天同様、サイトを訪問していて何かをクリックしたり、購入したりすれば、いつの間にかオプトインさせられてしまうもの。


ということで、防御線を張ります。


ブラウザに、広告業者からのCookieを受け入れないようにするアドオンを入れます。

これらも万能ではありませんが、主要な広告業者からは防御してくれます。
(Chrome拡張です)

chrome.google.com

chrome.google.com


いかがだったでしょうか。

結構疲れました(笑)


冒頭でも「利便性とのバランス」と言いましたが、広告バナーの内容によっては、めっちゃ不快になることもありますよね。。
(´・ω・`)


たまには大掃除みたいな意味でも、Cookie掃除をしてみてはいかがでしょうか。



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お時間がよろしければ、他の記事も読んでいってください。
( ´∀`)b