読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すりゴマ・ドットコム

No Google, No Life. ITに絡むことすべてを話題にします。あ、自転車と読書についてもたまにね。

Galaxy S6 Edgeのスペックを見て、SDカード、防水、バッテリー交換の必要性を考えてみた

すりゴマです。
今日もいい感じにすり潰していきますね。

http://www.samsung.com/global/galaxy/galaxys6/img/galaxy_s6_edge_top_gold_01.jpg


XperiaZ、Z1、Z2と3代に渡って購入してきたXperiaシリーズ。

それぞれ前モデルの欠点をつぶしながら正常進化をしてくれました。

しかしその半面、デザイン、スペックともに変化がとぼしく、決してイノベーティブとは言えなかったこの2年間であったことも確か。


ということで、次の機種はGalaxyに出戻ることにしました。

先日発表された、Galaxy S6 Edge(SC-04G)を次の端末にすることを決めたわけですが、そのスペックや機能から、今回購入を決定するまでの経緯をまとめてみました。


スペックの確認【いいところ】

正直、S6の方はデザイン的に惹かれませんが、Edgeには非常に惹かれるものがあります。

この辺りは個人の好みもあるでしょうね。

ということでまずはスペックを公式サイトでチェック。

SoCの進化

ガジェオタ、スペック厨としては、やはりSamsung謹製のSoCとなるExynos 7420が一番気になります。

14nmプロセスという進化で省電力性には大いに期待が出来ますね。
(・∀・)


Z2でもかなり電池の持ちに不満はありませんでしたので、14nmという更なる進化には興味津々です。

超急速充電(+ワイヤレス充電)機能

実はこの機能、すりゴマ的にはあまり必要性を感じていませんでした。


が、万が一のとき、10分の充電で4時間分のチャージが出来るこの機能は、「保険」として安心ですね。
(*´∀`*)

すりゴマは以前の記事でも書きましたが、普段はもうモバイルバッテリーを持ち歩いていませんので、有線での超急速充電機能は嬉しい機能です。

あと専用の充電器が必要ではありますが、ワイヤレスでも高速充電ができるのは魅力的ですね。

素晴らしいカメラ

Z2では、露出が明るすぎるのと、オートホワイトバランスが狂うときが多いこと、そして何よりも

カメラの起動が遅すぎる

ことが不満でした。


その点、S6 Edgeのカメラの高速起動はちょ〜魅力です。

正直、スマホの追従AFにはあまり期待していませんが、露出の正確さや色の再現性などは、色々なレビューサイトを見るに、かなり期待しています!


あとカメラ野郎であるすりゴマ的には、マニュアル設定での撮影ができる点も、非常にポイントが高いです!

「Edge」部分

正直、これがAPIとともに一般的になることはないでしょうw

しかし、「端末を伏せて置く」という、今までにない発想の使い方は、すりゴマ的には非常にフィット感があります。

通知LEDが、Edge部分に色違いでキレイに表示されるのは、とてもクールで、便利だと思います!

XperiaZ2の通知LEDが非常に見づらかったので特にね。。
(-_-;)


他にも画面一部だけを光らせることができるというAMOLEDならではの特長を活かした、革新的なアプリが出てくることを期待しています!


スペックの確認【気になる点】

某ちゃんねるやブログでも言われているネガな点は、正直すりゴマも戸惑いました。

MicroSDカードスロットの廃止

これについてはSamsungの戦略なのでその本当の理由はわかりません。

すりゴマもずっとSDにメディアデータを入れて機種変してきましたので、これを聞いたときには、「S6は購入候補にはならないな」と思い込んでしまいました。


しかし!


少し冷静になってみます。

そう。

SDカードなんて、年に1〜2回の機種変のときしか使ってないじゃないか!


そして、PCやMacがないとデータ移行が出来ないという、Androidよりも劣悪な環境に置かれているiPhoneユーザーからも不満を聞いたこともない。。。


AndroidはWi-Fi Directも使えますので、機種変時のデータ移行も時間はかかりますが、手間ではありませんしね。


うん、MicroSDカードスロットなんて無くていいじゃないか!
\(^o^)/


という結論に。


「ドコモSC-04Gで、128GB版を取り扱うのか?」という点が少々不安ではありますが。。

とりあえず、今保存しているマルチメディアの内容を整理すれば64GBでも足りるので、ドコモの春夏モデル発表会を楽しみに待つことにします。


防水性能とバッテリー交換可否

防水は、Xperiaシリーズに乗り換えてからずっとお世話になってきました。

お風呂でHuluを見たり、レシピを見ながらピザを作って粉だらけになった端末をじゃぶじゃぶ洗ったり、端末を常に清潔に保ちたいすりゴマとしては、防水機能は非常に嬉しいポイントでした。


ただ、今はXperia Z3Tablet Compactがあるので、スマホに防水機能はなくても特に困ることはないんですよね。。

毎日端末を水拭きして、週に一度、アルコールで消毒すればいいわけです。
(・∀・)


バッテリー交換が出来なくなることについては、結構騒いでる人たちがいるようですが、多分ゲームとかやってる人たちでしょうね。

すりゴマはゲームはやらないですし、夜に充電して朝100%であれば、1日は余裕で持ちます。


出張等で長時間の移動があっても、10分で4時間分という急速充電機能があれば、困ることはないでしょうね。

ということで、これらの点もクリア!


ということで、ドコモ128GB版の取扱が気になるところではありますが、今のところはGalaxy S6 Edgeを購入するつもりです!

変化に対応できるか?

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change.
(よくダーウィンの言葉と言われますが、実は違います)


変化に対応できるものが最後に生き残るという、この有名な言葉を思い出しました。

SDカードがないAndroid環境なんて、あり得ない!」という思考停止状態になっていた自分にハッとしたわけです。


すりゴマは、メーカーやキャリアの思う壺になるつもりは微塵もありませんので、今回のように冷静に考える機会が絶対に必要だと痛感した次第です。


固定概念に因われず、柔軟に自分の求める道を歩めるよう、気をつけたいものですね。
(・∀・)


ということで、Galaxy S6 Edgeの発売日が楽しみです!

ドコモさん、よろしくね!
( `・∀・´)ノヨロシク


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お時間がよろしければ、他の記事も読んでいってください。
ヽ(´ー`)ノ